熊本出身のコロッケさんが益城町の避難所に差し入れ

本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城町の避難所に、熊本市出身のタレント、コロッケさんが訪れました。

報道によれば、コロッケさんは復旧した熊本空港の第1便で東京から駆け付け、被災者にのり巻き約千個とパン約1500個を贈りました。また、時には人気歌手の顔まねも披露し、被災者の疲れを癒すことにも一役買ったということです。
コロッケさんと握手した女性は「変顔してくれた!」と笑顔を見せたといいます。コロッケさんは「人のために動く人がたくさんいる。力を合わせ、みんなで前に進もう」と真顔で呼び掛けました。

最初の地震から約一週間が経ちますが、被害はさらに拡大し、余震も終息の気配はありません。熊本や大分で被災された方々、避難生活を余儀なくされている人々が、少しでも早く以前の生活を取り戻すことができるように、私たちは何をすべきなのかを真面目に考え、そして息長く支援を実行したいものです。

文京区で浮気調査